新米ママの親バカ育児日記と乳がん治療


by piyomam

にいに

ぴよっちには小6になるにいにがいる。
私がパパと結婚したのが、彼が小学校に入学する年だったので、今年で6年目のお付き合い。
入学式の日、舞い散る桜の花びらをクルクル回りながら追いかけていた彼も最高学年になった。
「一年生見るとかわいく思える~」って言葉に、にいにの成長を感じる。

「できるならぴよっちと結婚したい♪」というくらいぴよっちLOVEなにいに。
私の髪の毛がなくなった姿を見ても、「お母さん、思ってたよりもかわいいよ~」って笑ってくれる。
私が美容院から帰っても、ウィッグをつけても、新しい服を着ても、「かわいい~♪」と女心をくすぐってくれる彼なのです。

私のこれから先の治療は長く、年齢的にもこの次の妊娠・出産はないだろうなぁと思ってるけど、ぴよっちにはにいに、にいににはぴよっちがいてよかった。
正直、結婚していきなり母になるのはしんどいこともあったけど、人生何がどう転ぶかは分からない。
渦中にある時はつらさしか見えなくても、後から振り返ってみればこの方が逆によかったって思えることは多い。
今、病の渦中にある私も、これでよかったぁと思える日がくるのを信じていよう。
[PR]
by piyomam | 2009-04-25 11:54