新米ママの親バカ育児日記と乳がん治療


by piyomam

おっぱいコミュニケーション

がんがある方の右のおっぱい。左と同じように授乳してもいいですよって言われて、せっせとマッサージ。
私も下手っぴだし、ぴよっちもちっちゃいお口で大苦戦。3時間ごとの授乳のたびに、ナースコールで呼んでは助産士さんや看護士さんに補助してもらいながら繰り返しチャレンジ。

スタッフさんにおっぱいをくわえさせてもらい、数分吸っては眠ってしまっていたぴよっち。初めてママと二人だけでトライして、自分から吸いつく!というのをやってくれた時にはものすごく感激した。治療が始まるまでの期間限定でしか母乳があげられないから、焦りやあきらめで泣きそうだったけど、嬉しくて涙が出た。たくさん飲めなくてもいいから、自分からどんどん吸いついて欲しいな。これから一ヶ月程だけど、二人のおっぱいコミュニケーションが取れるよう、神様どうかお願いします。
[PR]
by piyomam | 2009-03-09 15:13